泳ぐことで効率的に美人になれる3つの理由

水泳で艶のある肌が保たれる理由

水泳はスポーツの中では、ランニングやサイクリングよりもカロリー消費量が高いとされています。このスポーツが健康に良いことは言うまでもないですが、美容にも多大な効果があることはご存知でしょうか?今回は、水泳による運動がもたらす美容効果についてご紹介します。まず水泳には、艶のある肌を保つ効果が期待できます。水中での長時間の運動は毛細血管を刺激するので、血液の循環を促進させる効果があるのです。また水中での活動は心肺を活性化させ、代謝をより効率的なものにします。全身に血液をいきわたらせること、代謝をよりよくすることで、水泳は美肌が保たれることに多大な効果を生むのです。

泳がずに水中で歩くだけでもダイエットになる?

水泳にはダイエットにも一定の効果があるといわれています。上にも書いた通り水泳はスポーツの中でもカロリーの消費量が特に高いですが、女性が1時間のクロールを行った場合、およそ1000kcalのエネルギーを、同時間の平泳ぎを行った場合およそ550kcalのエネルギーを消費するとされています。なお泳ぎが苦手な方でも、水中でのウォーキングを行うだけで十分カロリーを消費できます。ただし水泳はやった後にお腹が空きやすいとも言われているので、運動の後に食べ過ぎてリバウンドしないように注意しましょう。

泳ぐと大きくて美しいバストも作れる?

そして意外なことに、水泳にはバストを大きくするための効果もあると言われています。クロールや平泳ぎなどのメジャーな泳ぎ方をイメージすると、水泳による運動が左右の腕と肩甲骨を均等に動かしていることがわかるでしょう。肩甲骨の運動が乳腺を刺激し、結果としてバストを大きくすることにつながります。さらに水泳によって乳腺の真上にある大胸筋も鍛えられ、大胸筋にバストが引っ張られるので、垂れないバストを作り上げることもできます。

品川美容外科の裁判について詳しく

Comments are closed. Posted by: admin on