紫外線対策の一つの日焼け止め選びは大切ですね

肌に合った日焼け止めを使ってますか

日光に含まれる紫外線はシミやシワ、乾燥肌といった肌トラブルを引き起こす原因になります。日差しが強くなる季節に備えて、紫外線対策が必要ですよね。日焼け止めクリームを活用するのも一つの手段ですが、自分に合った選び方でないと逆に肌を傷つける可能性があります。日焼け止めクリームには、中に含まれる成分により日光を吸収して外に追い出す紫外線吸収剤、鏡のように紫外線を跳ね返す紫外線散乱剤の大きく分けて2種類が存在します。前者の場合肌のノリが良く効果が期待できる反面、肌に負担をかけやすく乾燥肌や敏感肌の体質の人が多量に使用する場合、肌トラブルを引き起こしやすくなります。

日常生活ならSPAは15から30、PAは++が目安

肌質が一般より弱い人にとって適切な日焼け止めとはなんでしょう。まずは紫外線吸収剤の商品はなるべく控えることが大切で、ノンケミカル(紫外線散乱剤)のものを使用するのがおすすめです。しかし、このタイプの日焼け止めは肌に優しい反面馴染みにくいものが多く何度か塗り直す必要があるので注意しましょう。また、自分の生活に合わせた紫外線対策が必要であり、外出時の肌の露出から日射時間の場面ごとに日焼け止めの用意が必要です。日射から守るための基準であるSPFやPAを目安に考えるのが大切であり、これらが高いものほど肌への負担は大きい為プールや海水浴といった使う場所を考えて使いましょう。

可能ならパッチテストで肌の影響を見ましょう

日焼け止めの形状はクリームからミスト、パウダーなど様々ですが、ミルクやクリームタイプの商品が肌の負担が少なく済みます。また、商品に含まれる成分が防腐剤やアルコールといった余計なものが入ってないか確認するのも必要です。現在、ドラッグストアや化粧品店では試供品の提供を行っているところもあるので自宅でパッチテストを行うのも良いですよ。肌荒れをしても目立ちにくく、皮膚が薄い二の腕の裏側で行うと変化が分かりやすいです。日常生活での使用目的なら、石鹸や洗顔で落とせるかも判断材料になります。自分にあった紫外線予防でレジャーや旅行を楽しみましょう。

品川美容外科の判例について調べる

Comments are closed. Posted by: admin on